CakePHP2.x View

ここではCakePHP2.x Viewの簡単な解説をしていきます。

cakephp

Layoutsサンプルソース

/app/View/Layouts/siteFrame.ctp

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
  
<meta charset="UTF-8">
<meta content="86400" http-equiv="Expires"/>
<!--[if lt IE 9]>
    <script src="http://html5shiv.googlecode.com/svn/trunk/html5.js"></script>
<![endif]-->
  
<!-- ▼ページ固有のCSS読み込み -->
<?php echo $this->Html->css($arrCss, 'stylesheet', array('media'=>'screen'));?>
<!-- ▲END -->
  
<!-- ▼ページ固有のJavascript読み込み -->
<script src="//ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.8.2/jquery.min.js"></script>
<?php echo $this->Html->script($arrJavascript);?>
<!-- ▲END -->
<title><?php echo $title_for_layout;?></title>
</head>
  
<body>
<?php echo $this->element('header');?>
<?php echo $this->element('menu');?>
<?php echo $content_for_layout;?>
<?php echo $this->element('footer');?>
</body>
  
</html>

$this->Html->css(); (12行目)
/app/webroot/css/からCSSの読み込みを配列で指定してください。

$this->Html->script(); (17行目)
/app/webroot/js/からJavascriptの読み込みを配列で指定

$this->element(); (23~26行目)
/app/View/Elements/から指定してください。

$content_for_layout; (25行目)
コントローラー側$this->render();で指定したViewファイルが読み込まれます。

私はよく、このサンプルソースをベースに付け足したりしながら開発を行っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*