CakePHP2.x Cookie

ここではCakePHP2.xでCookieの使い方についてまとめています。

cakephp

解説

Cookieコンポーネント読み込み

public $components = Array('Cookie');

Cookieコンポーネントを読み込んでください。

Cookieの書き込み

$this->Cookie->write('key', 'name', false, '5 day');

引数の順番は左からCookieの名前、値、暗号化、有効期限です。
有効期限はtime()+60*60のようにも指定できます。

Cookieを表示

$this->Cookie->read('key');

keyと言う名前の値を取り出せます。

Cookieを削除

$this->Cookie->delete('key');

keyで指定したCookieが削除されます。

全てのCookieを削除

$this->Cookie->destroy();

保存されているCookieを全て削除します。

Cookieのパスを指定

$this->Cookie->path = '/hoge/';

Cookieを保存するパスを設定します。
指定しない場合デフォルトで「/」が指定されます。

Cookieのドメインを指定

$this->Cookie->domain = 'example.com';

Cookieを利用するドメインを設定します。
指定しない場合はデフォルトで「null」となります。

Cookieの値がセットされているのかの判定

if (is_null($this->Cookie->('key'))) {}

Sessionのように「$this->Session->check();」メソッドがCookieにはないため
php.iniのerror_reportingによっては「is_null」関数でチェックしないとエラーになってしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください