CakePHP2.x core.php

ここではCakePHP2.xのcore.phpの設定をまとめています。

cakephp

debug

Configure::write('debug', 0);

デバッグの設定値
0が本番環境モード
1がエラーと警告表示
2がエラーと警告とSQLログ表示
本番環境とテスト環境とではパフォーマンスに大きくかかわるので必ず設定しましょう。

Error

Configure::write('Error', array(
	'handler' => 'ErrorHandler::handleError',
	'level' => E_ALL & ~E_DEPRECATED,
	'trace' => true
));

エラーハンドラの設定

Exception

Configure::write('Exception', array(
	'handler' => 'ErrorHandler::handleException',
	'renderer' => 'ExceptionRenderer',
	'log' => true
));

例外パンドラの設定

App.encoding

Configure::write('App.encoding', 'UTF-8');

アプリケーション内で使用する文字コード設定

App.baseUrl

Configure::write('App.baseUrl', env('SCRIPT_NAME'));

mod_rewrite以外でbaseUrlを制御する設定

Routing.prefixes

Configure::write('Routing.prefixes', array('admin'));

プレフィックスルーティングの設定

Cache.disable

Configure::write('Cache.disable', true);

キャッシュの設定 true/false

Cache.check

Configure::write('Cache.check', true);

ビューキャッシュの設定 true/false

Session

Configure::write('Session', array(
    'defaults' => 'php',
    'cookie' => 'CAKEPHP',
    'timeout' => 60,
    'ini' => Array(
        'session.cookie_lifetime' => 0
    )
));

セッションの設定
defaults
セッションの保存先の設定、php,database,cakeなどがあります。
cookie
クッキーの名前の設定
timeout
Sessionタイムアウトの設定
分単位で設定、デフォルトでは240分
ini
php.iniの内容を配列で設定できる。

Security.level

Configure::write('Security.level', 'medium');

high,medium,lowで設定する。
上記で設定したSessionタイムアウトの時間から
highが10倍、mediumが100倍、lowが300倍となる。
highはSessionが毎回生成される。

Security.salt

Configure::write('Security.salt', 'uiuindo873g8Ggyoue87DGoijoHhu29i');

パスワードのハッシュ化に利用される。デフォルトのままだと動かないので適当に変える。

Security.cipherSeed

Configure::write('Security.cipherSeed', '98757747699707078678575457');

暗号化、複合化に利用される。こちらもデフォルトのままだと動かないので数字で適当に変える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*