ロリポップでCakePHP2.xを動かす

ここではCakePHP2.xをロリポップで動かす設定についてまとめています。

ロリポップphp.ini

;mbstring 関連
mbstring.language = neutral
mbstring.internal_encoding = UTF-8
mbstring.encoding_translation = On
mbstring.func_overload = 0
mbstring.http_input = UTF-8
mbstring.http_output = UTF-8
  
;session 関連
session.auto_start = 0
session.use_trans_sid = 0
session.use_only_cookies = 0
  
;apc 関連
apc.enabled = 1
apc.enable_cli = 0
  
;そのほか
default_charset = UTF-8
output_handler = mb_output_handler
output_buffering = 未設定
magic_quotes_gpc = Off
short_open_tag = On
safe_mode = Off
register_globals = Off
allow_url_fopen = On
allow_url_include = Off
upload_max_filesize = 20M
display_errors = On
error_reporting = E_ALL ^ E_NOTICE ^ E_DEPRECATED
asp_tags = Off
variables_order = EGPCS

output_handler = mb_output_handler
$this->redirect();が使えなかったので設定しました。

apc.enabled = 1
php5.3の場合は設定します。

CakePHP2.x core.php

Configure::write(‘debug’, 0);
一瞬だけ3にしてから0に戻してください。
0と3ではパフォーマンスに影響するので必ず0に戻すようにしてください。
0 = 運用モード
1 = エラーと警告
2 = エラーと警告、SQL
3 = エラーと警告、SQL、コントローラのdumpを表示

Configure::write(‘Cache.disable’, true);
サイト全体のキャッシュを無効にする。

これだけで基本動いてくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください