6.MySQL入門 データの表示

ここではMySQLでのデータの表示ついて解説していきます。

mysql

tb1

id name age
1 田中 27
2 山田 28
3 佐藤 29

今回はこのテーブルを例として解説していきます。

テーブル全てのデータ表示

SELECT * FROM tb1;

実行結果

id name age
1 田中 27
2 山田 28
3 佐藤 29

書式
SELECT * FROM テーブル名

テーブル内の全てのデータを表示させるには「*」アスタリスクを使用します。
アスタリスクはワイルドカードで「SELECT」文の後につけると、全てのカラムを選択したことになります。

カラム名を指定して表示

SELECT id, name FROM tb1;

実行結果

id name
1 田中
2 山田
3 佐藤

書式
SELECT カラム1, カラム2, ・・・ FROM テーブル名;

「SELECT」文の後に表示させるカラム名を「,」区切りで指定します。
カラム名を指定することで取得するデータ量が少なくなるので、パフォーマンス面で取得するカラム名を指定してデータの取得をするようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*