1.PHP入門 文字列の操作

ここではPHPの基本文字列の操作を解説していきます。

php

文字列の記述方法

<?php

    echo 'Hello World<br />';
    echo "Hello World<br />";
    print 'Hello World<br />';
    print "Hello World<br />";

解説

このように「”」シングルクォーテーション「””」ダブルクォーテーションで囲んで出力させます。

変数を利用した出力

<?php

    $var = "Hello World";
    echo $var . "<br />";
    echo 'test : $var <br />';
    echo "test : $var <br />";

出力結果

Hello World<br />
test : $var <br />
test : Hello World <br />

解説

3行目 変数の代入
変数の代入、$varという変数にHello Worldを文字列として格納しています。

4行目 変数の展開
$varの中身が展開されHello Worldと出力されます。
変数と文字列をつなげて表示させたい場合は変数と文字列を「.」でつなぎます。

5行目の出力結果
シングルクォーテーション「”」で囲んだ変数は展開されず$varと変数名が表示されてしまいます。

6行目の出力結果
ダブルクォーテーション「””」で囲んだ変数はきちんと展開されHello Worldと出力されます。

まとめ

<?php

    $name = "田中";
    $age = 20;
    echo "名前:{$name} 年齢:{$age}";

このように基本的に文字列の出力にはechoを利用し、ダブルクォーテーションを利用し、変数の展開には{}で記載し出力をさせるのが実際の開発で使われる一般的な形式で、PHPの規約にのとった書き方です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*