Smarty インストール

ここではSmartyのインストールを解説していきます。

smarty

ダウンロードはこちら
http://www.smarty.net/download

設置

Smarty/libsフォルダをドキュメントルート直下に設置します。
cache , templates , templates_c フォルダをプロジェクト内に作成します。
(例ではSmartyフォルダにlibsの中身を置いています)

パスを通す

<?PHP
  
    // 読み込み
    require_once('Smarty/Smarty.class.php');
    // オブジェクト作成
    $smarty = new Smarty();
    // ディレクトリ設定
    $smarty->template_dir = 'smarty/templates';
    $smarty->compile_dir = 'smarty/templates_c';
    $smarty->cache_dir = 'smarty/cache';
  
    // 表示データをアサイン
    $smarty->assign('hoge', 'Hello world');
  
    // テンプレート表示
    $smarty->display('index.tpl');

Smarty.class.phpを読み込み、オブジェクトを生成後、cache , templates , templates_c フォルダのパスを通します。

アサインした変数の利用法

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
   
<meta charset="UTF-8">
<meta content="86400" http-equiv="Expires"/>
<!--[if lt IE 9]>
    <script src="http://html5shiv.googlecode.com/svn/trunk/html5.js"></script>
<![endif]-->
<title>Smarty</title>
</head>
   
<body>
{$hoge}
</body>
   
</html>

ファイルの拡張子は.tplです。
{$hoge}でアサインした変数が使用できHello worldと出力されます。

※注意
cache , templates_cにはキャッシュが書き込まれるので、書き込み権限が必要になります。
私はレンタルサーバーではパーミッションを777にしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*