WordPress リビジョン(記事の下書き,自動保存)を無効にする

ここではWordPressでリビジョン(記事の下書き)を無効にする方法を紹介しています。

wordpress_logo

概観→テーマ編集では編集できないのでサバーからwp-config.phpを落として編集する必要があります。
wp-config.phpはWordPressをインストールした場所(ドキュメントルート)にあります。

/wp-config.php

    define('WP_POST_REVISIONS', false);

こちらのソースを追記します。

追記場所

/** Absolute path to the WordPress directory. */
if ( !defined('ABSPATH') )
    define('ABSPATH', dirname(__FILE__) . '/');
    define('WP_POST_REVISIONS', false);
    /** Sets up WordPress vars and included files. */
    require_once(ABSPATH . 'wp-settings.php');

これで自動保存される下書きは無効に設定できます。
パフォーマンスも変わるので設定しておきたいところです。
下書き保存をしたい場合、公開タブの下書きとして保存を使ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください