5.PHP入門 配列操作

ここではPHP、配列操作を解説していきます。

php

配列の初期化

<?php

    $foo = array();
    $bar = array(1,2,3,4,5);
    $baz[] = 1;
    $baz[] = 2;
    $baz[] = 3;

    foreach ($bar as $val) {
        echo "{$val}、";
    }

    foreach ($baz as $val) {
        echo "{$val}、";
    }

解説

$foo = array(); (3行目)
空の配列の宣言、$fooは配列であると宣言します。

$bar = array(1,2,3,4,5); (4行目)
配列の宣言、この例では配列の宣言と初期化を同時に行っています。

$baz[] = 1; (5~7行目)
配列の宣言、この例では$bazという配列に順番に代入しています。

foreach ($bar as $val) {} (9行目)
配列分だけループさせます。7行目のforeachの出力結果は「1、2、3、4、5、」となります。

foreach ($baz as $val) {} (13行目)
配列分だけループさせます。10行目のforeachの出力結果は「1、2、3、」となります。

連想配列

<?php

    $foo = array('key1' => 1, 'key2' => 2);
    $bar['key1'] = 1;
    $bar['key2'] = 2;
    $bar['key3'] = 3;

    foreach ($foo as $key => $val) {
        echo "key:{$key} val:{$val}";
    }

    foreach ($bar as $key => $val) {
        echo "key:{$key} val:{$val}";
    }

解説

$foo = array(‘key1’ => 1, ‘key2’ => 2); (3行目)
連想配列の宣言、配列のキーと値を同時に宣言しています。

$bar[‘key1’] = 1; (4~6行目)
連想配列の宣言、配列のキーと値を順番に宣言しています。

foreach ($foo as $key => $val) {} (8行目)
連想配列の場合「$key => $val」とすることでキーと値を表示させることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*