PHP」カテゴリーアーカイブ

PHP 時間の差分を求める

日付を除外して時間のみを求める方法がなかったのでまとめ

<?php

$from_h = '8'; // 08でも可
$from_m = '10';
$to_h = '17';
$to_m = '00';

echo sectostr(strtosec($to_h, $to_m) - strtosec($from_h, $from_m));
// 08:50と表示されます

function sectostr($val) {
    return sprintf("%02d:%02d", $val / 3600, ($val % 3600) / 60);
}

function strtosec($h, $m) {
    return $h * 3600 + $m * 60;
}

時間と分を秒に直して差分を出しています。
秒に直すのでstrtotimeやnew DateTimeにて比較しなくてもいいです。
strtotimeとnew DateTimeは日付ありきでの比較になるので時間のみの差分を出すときややこしいです。
下記一例

<?php

echo date('Y/m/d H:i', strtotime('17:00') - strtotime('8:10'));
// 1970/01/01 09:50と表示

strtotimeだと日付の引き算がされ時間のみの差分が出せません。
強引にやるならこう

<?php

echo date('Y/m/d H:i', strtotime('17:00') - strtotime('8:10') + strtotime(date('Y/m/d')));
// 2021/08/14 08:50と表示

引き算された日付を最後に足して日付のつじつまを合わせていますが、このコードは休憩時間を除いたりするときに日付のことを常に考えなくてはならずややこしすぎて使えません。

XAMPP Xdebug3 Eclipse 設定

Xdebugが2から3にアップグレードしていて動かなかったのでまとめ

下記コードがXdebug2のphp.iniの設定

xdebug.remote_enable=1
xdebug.default_enable=0
xdebug.profiler_enable=0
xdebug.auto_trace=0
xdebug.coverage_enable=0

上記コードがXdebug3では使えなくなって、次のように書く

[XDebug]
zend_extension = "C:\xampp\php\ext\php_xdebug-3.0.4-8.0-vs16-x86_64.dll"
xdebug.mode=debug

ポートも9000から9003に変更になってたのでEclipseのデバッグの構成

Xdebug

PHP wkhtmltopdf SnappyでPDF出力

今までTCPDTやmPDFを使ってたのですがHTML5 + CSS3のWebページを丸ごとPDF化する必要がありレイアウトのズレが実装できるレベルじゃなかったのでwkhtmltopdf Snappyを調べました。

環境
Windows10
XAMPP
PHP7.3

require "knp-snappy/vendor/autoload.php";
use Knp\Snappy\Pdf;
$snappy = new Pdf('"C:\Program Files\wkhtmltopdf\bin\wkhtmltopdf.exe"');
// $snappy->setBinary('"C:\Program Files\wkhtmltopdf\bin\wkhtmltopdf.exe"')
$html = <<<EOF
<style></style>
<p>ここにHTMLを書く</p>
EOF;
// PDFをブラウザに出力
//header("Content-Type: application/pdf");
//echo $snappy->getOutputFromHtml($html);
// 保存
$snappy->generateFromHtml($html, 'download.pdf');

はまった点

setBinaryなどでバイナリのパスを渡すときはコマンド扱いになるのでダブルクォーテーションで囲むのを忘れていてはまりました。

TCPDF FPDIでPDFファイル生成

ここではTCPDF、FPDIを使ったPHPでのPDFファイルの生成を解説していきます。

tcpdf

TCPDFのダウンロード
http://sourceforge.net/projects/tcpdf/files/

FPDIのダウンロード
http://www.setasign.de/products/pdf-php-solutions/fpdi/downloads/
FPDIはFPDIとFPDI_TPLの2つダウンロードしてください。
FPDI_TPLのfpdf_tpl.phpはFPDI直下に置いてください。

UTF-8で日本語フォント

TCPDF標準フォントならkozgopromediumになりますが数字がうまく表示されなかったのでIPAフォント、TTFファイルのIPA Pゴシックをダウンロードします。
http://ossipedia.ipa.go.jp/ipafont/ipafont/download.html

サンプルソース

<?php
  
    require_once('./tcpdf/tcpdf.php');
    require_once('./fpdi/fpdi.php');
  
    $pdf = new FPDI();
  
    // 余白設定
    $pdf->SetMargins(0, 0, 0);
    // セルパディング設定
    $pdf->SetCellPadding(0);
    // 自動改ページ
    $pdf->SetAutoPageBreak(false);
  
    // ヘッダ、フッダを使用しない
    $pdf->setPrintHeader(false);
    $pdf->setPrintFooter(false);
  
    // 1ページ目を準備
    $pdf->AddPage();
  
    // フォント設定
    $font = $pdf->addTTFfont('./tcpdf/fonts/ipagp.ttf', 'TrueTypeUnicode', '', 32);
    $pdf->SetFont($font, '', 10);
  
    // PDFファイル読み込み
    $pdf->setSourceFile('./pdf/include.pdf');
    $page = $pdf->importPage(1);
    $pdf->useTemplate($page);
  
    // Text
    $pdf->Text(10, 10, 'こんにちは世界');
  
    // 改行
    $pdf->Ln();
  
    // セル
    $pdf->Cell(70, 10, 'セル', 1, 0, 'L');
  
    $pdf->Ln();
  
    // HTML表記
    $pdf->writeHTML('<h1>html表記</h1>', true, 0, true, 0);
  
    // 画像表示
    $pdf->Image('./image/image.jpg', 10, 10);
  
    // PDF出力
    $pdf->Output('sample.pdf', 'D');

解説

$pdf->SetMargins(0, 0, 0); (9行目)
余白の設定をします。

$pdf->SetCellPadding(0); (11行目)
セルパディングを設定します。

$pdf->SetAutoPageBreak(false); (13行目)
自動改ページするかをtrue or falseで指定してください。

$pdf->setPrintHeader(false); (16、17行目)
ヘッダー、フッダーを使用するかをtrue or falseで指定してください。

$pdf->AddPage(); (20行目)
1ペーシ目を準備します。

$pdf->SetFont($font, ”, 10); (24行目)
フォントサイズを設定します。

$pdf->setSourceFile(‘./pdf/include.pdf’); (27~29行目)
テンプレートになるPDFファイルがあれば読み込んでください。

$pdf->Text(10, 10, ‘こんにちは世界’); (32行目)
x座標、y座標、表示する文字列で指定してください。

$pdf->Ln(); (35行目)
PDF内での改行ができます。

$pdf->Cell(70, 10, ‘セル’, 1, 0, ‘L’); (38行目)
セルの幅、高さ、文字列、枠線で囲むかの指定、出力後のカーソルの移動方法、テキストの整列で指定してください。

$pdf->writeHTML(); (43行目)
出力するHTMLテキスト、改行するかしないか、背景の塗つぶし指定、前回の高さ設定を引き継ぐかで指定してください。

$pdf->Image(‘./image/image.jpg’, 10, 10); (46行目)
画像ファイル、x座標、y座標、幅、高さで指定してください。

$pdf->Output(‘sample.pdf’, ‘D’); (49行目)
I: ブラウザに出力する(既定)、保存時のファイル名が$nameで指定した名前になる。
D: ブラウザで(強制的に)ダウンロードする。
F: ローカルファイルとして保存する。
S: PDFドキュメントの内容を文字列として出力する。

関連記事
TCPDF FPDIでPDF読み込みエラーを解消 setSourceFile
https://office-goto.info/php/tcpdf-fpdi-setsourcefile/

PHPExcelでExcel出力

ここではPHPExcelを使ってExcelファイルを出力していきます。

phpexcel

PHPExcelをダウンロード
http://phpexcel.codeplex.com/

サンプルソース

<?php

    require_once 'PHPExcel.php';
    require_once 'PHPExcel/Writer/Excel5.php';
    require_once 'PHPExcel/IOFactory.php';
   
    $ex = new PHPExcel();
    $sheet = $ex->getActiveSheet();
   
    // Excelファイル読み込み Excel5
    // $reader = PHPExcel_IOFactory::createReader('Excel5');
    // $ex = $reader->load("include.xls");
    // $sheet = $ex->getActiveSheet();
   
    // Excelファイル読み込み Excel2007
    // $reader = PHPExcel_IOFactory::createReader('Excel2007');
    // $ex = $reader->load("include.xls");
    // $sheet = $ex->getActiveSheet();
   
    // シートタイトル設定
    $sheet->setTitle('シート1');
    // フォント設定
    $sheet->getDefaultStyle()->getFont()->setName('MS ゴシック');
    // フォントサイズ設定
    $sheet->getDefaultStyle()->getFont()->setSize(11);
   
    // 書き込み
    $sheet->setCellValue('A1', 'A1に書き込み');
    $sheet->setCellValueByColumnAndRow(1, 2, 'B2に書き込み');
   
    // C1をセンター揃え
    $sheet->setCellValue('C1', 'C');
    $sheet->getStyle('C1')->getAlignment()->setHorizontal(PHPExcel_Style_Alignment::HORIZONTAL_CENTER);
   
    // 背景色
    $sheet->getStyleByColumnAndRow(0, 2)->getFill()->setFillType(PHPExcel_Style_Fill::FILL_SOLID);
    $sheet->getStyleByColumnAndRow(0, 2)->getFill()->getStartColor()->setRGB('000000');
   
    // 文字色 A1
    $sheet->getStyleByColumnAndRow(0, 1)->getFont()->getColor()->setRGB('00ffff');
   
    // 罫線
    $line = array(
            'borders' => array(
                    'top'     => array('style' => PHPExcel_Style_Border::BORDER_THIN),
                    'bottom'  => array('style' => PHPExcel_Style_Border::BORDER_THIN),
                    'left'    => array('style' => PHPExcel_Style_Border::BORDER_THIN),
                    'right'   => array('style' => PHPExcel_Style_Border::BORDER_THIN)
            )
    );
    $sheet->getStyle('D1')->applyFromArray($line);
    $sheet->getStyleByColumnAndRow(4, 1)->applyFromArray($line);
   
    // Excel 2007 形式で保存
    // $writer = PHPExcel_IOFactory::createWriter($ex, 'Excel2007');
    // $writer->save("output.xlsx");
   
    // Excel 2003 以前の形式で保存
    $writer = new PHPExcel_Writer_Excel5($ex);
    $writer->save('output.xls');
   
    // ファイルをダウンロード
    $file = 'output.xls';
    $fileSize = filesize($file);
    header ("Content-Disposition: attachment; filename={$file}");
    header ("Content-Length:{$fileSize}");
    header ("Content-Type: application/octet-stream");
    readfile($file);

解説

$sheet->setTitle(‘シート1’); (21行目)
シートのタイトルを設定します。

$sheet->getDefaultStyle()->getFont()->setName(‘MS ゴシック’); (23行目)
フォントの指定をします。

$sheet->getDefaultStyle()->getFont()->setSize(11); (25行目)
フォントのサイズを設定します。

$sheet->setCellValue(‘A1’, ‘A1に書き込み’); (28、29行目)
A1を指定してExcelに書き込みます。
数値で書き込む場合、列は0から始まるのに対して、行は1から始まるので注意が必要です。

->setHorizontal(PHPExcel_Style_Alignment::HORIZONTAL_CENTER); (33行目)
センター揃えを指定しています。

->getFill()->getStartColor()->setRGB(‘000000’); (37行目)
背景色を指定しています。
setFillType(PHPExcel_Style_Fill::FILL_SOLID);(36行目)がないと色がつきませんでした。

->getFont()->getColor()->setRGB(’00ffff’); (40行目)
文字色を指定しています。

->applyFromArray($line); (51、52行目)
連想配列で指定できるので、例では連想配列を指定しています。

テンプレートの読み込みや保存はご利用のExcelのバージョンに合わせてご使用ください。

setHorizontal();の定数一覧

中央揃え PHPExcel_Style_Alignment::HORIZONTAL_CENTER
左揃え PHPExcel_Style_Alignment::HORIZONTAL_LEFT
右揃え PHPExcel_Style_Alignment::HORIZONTAL_RIGHT

上詰め PHPExcel_Style_Alignment::VERTICAL_TOP
中央揃え PHPExcel_Style_Alignment::VERTICAL_CENTER
下詰め PHPExcel_Style_Alignment::VERTICAL_BOTTOM