CSS 印刷禁止 解除

印刷禁止のサイトを印刷する方法についてのまとめ

CSSで禁止している場合

Ctrl + Uでソースコードの表示やChromeの開発者ツールをF12で起動してmain.cssやdefault.cssやcommon.css的な名前のCSSファイルを探し出し以下の@media printの記載がある箇所をコメントアウトします。

/*
@media print {
    * {
        display: none;
        opacity: 0;
        background: #fff;
    }

    img {
        display: none;
        opacity: 0;
        background: #fff;
    }
}
*/

@media printの記載があるファイル名は経験と勘で探し出してください。
どうしても印刷したいサイトがある場合はすべてのCSSファイルを開き@media printを探し出しコメントアウトします。

Javascriptで禁止している場合

身もふたもない話ですがブラウザでJavascript自体を無効にして印刷します。

Chromeの場合
設定(S)->プライバシーとセキュリティのサイトの設定->JavascriptをOFFにします。

Chrome以外もJavascriptを無効にする機能を有していますので簡単に無効にできます。
この方法を利用すれば右クリック禁止やコピー禁止サイトも右クリックとコピーができるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください