Laravel Authログイン暗号化 Hash::make

ユーザーに権限を持たせたり自分でログイン周りを実装する事になったので調べてみた。

環境
Laravel:5.5 LTS

パスワードの暗号化

Hash::make($data['password']);

データベースに登録する前に暗号化する。

ログイン時のチェック

if (Hash::check($request->pass, $result->pass)) {
    // ログイン成功の処理を書く
    return redirect()->action('Admin\MyController@index')->with('status', 'Login successful.');
} else {
    // バリデートにエラーメッセージを追加する
    return back()->withErrors('failed login attempt.');
}

Hash::makeで暗号化すると毎回違う値に暗号化されるので
Hash::checkにて暗号化されたパスワードとリクエストパスワードを比較する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください