Windows XAMPP EclipseでXdebugを使ってデバッグする

ここではWindows環境でXAMPP、EclipseでXdebugを使ってデバッグをする方法を解説しています。

eclipse

php.iniの編集

[XDebug]
zend_extension = "C:\xampp\php\ext\php_xdebug.dll"
;xdebug.profiler_append = 0
;xdebug.profiler_enable = 1
;xdebug.profiler_enable_trigger = 0
;xdebug.profiler_output_dir = "C:\xampp\tmp"
;xdebug.profiler_output_name = "cachegrind.out.%t-%s"
xdebug.remote_enable = 1
;xdebug.remote_handler = "dbgp"
xdebug.remote_host = "localhost"
;xdebug.trace_output_dir = "C:\xampp\tmp"

xampp\php\php.iniの最後を編集します。
zend_extensionへのパスはphp_xdebug.dllがある場所を指定してください。

Eclipseの設定

xdebug

デバッグの構成からサーバー・デバッガーをXDebugに設定すれば、Xdebugでデバッグをかけれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*